本当に美味しい珈琲はどうやって生まれるのか

これはコーヒーの道を志す全ての人の課題です。気合いを入れて集中したからといって入る
ものでもなく、力の抜けた状態で入れた珈琲が抜群に美味しかったということもあります。

平面的に続く苦さではなく口に含んだ瞬間は苦さがあるものの、香りの花が途中でひらき、
甘さが横に広がる。最後はそれらがすべて無かったかのようにすっきりと持って行ってくれ
るような珈琲が世の中にはあります。時には何時間にもわたって口から鼻にかけて香りの余韻
が続くこともあります。

ただ単に美味しい、というよりも新しい珈琲体験と呼べるものかもしれません。とても幸せな時間です。

そのような体験を多くの人に得てもらいたいと思って活動をしています。